ファッション雑貨 PR

どんな財布なら社会人として恥ずかしくない?レディース財布の選ぶポイント

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

社会人としての装いに欠かせないのは、持ち物にも品位が感じられること。

特に財布はその一環であり、どのような財布を選ぶかは重要なポイントです。

今回は、社会人として恥ずかしくない、かつレディースに人気の財布とその選び方について解説します。

洗練されたスタイルと実用性を兼ね備えた財布の選び方について、ぜひご一緒に考えてみましょう。

「社会人」という言葉には、「自立した大人」のイメージがあります。

そんな社会人はどんな財布を選ぶのでしょうか。

人によって基準はさまざまですが、「見た目にきれい」「使い勝手がよい」「収納力がある」などある程度条件が絞られるのでは?

しかし最近は「現金派」「キャッシュレス派」に分かれることもあって、財布の多様化が進んでいます。

たとえば現金派の場合なら「収納力たっぷりの長財布」を選ぶかもしれませんし、キャッシュレス派の方であれば「小銭とカードが数枚入るミニ財布」が好きかもしれません。

次章では「社会人として恥ずかしい財布」をご紹介します。

学生のころなら許されたとしても、社会人としては許されないことは案外多いものです。

どんな財布を使っているかもその一つ。

この章では、社会人としてどんな財布を使っていたら恥ずかしいのかご紹介します。

どんな財布にも、ある程度金運があるそうです。

しかし3年ほどでその金運は下降してしまうのだとか。

最近ではそれほど高価でなくても丈夫な作りの財布が多いため、3年で買い替えるのは少しもったいない気がします。

ですがボロボロになるまで使い続けるのはいただけません。

ものを大切にすることとボロボロの財布を使い続けることは、まったく別の話です。

財布は毎日使うからこそ、きれいな状態であってほしいものです。

【商品名:POWDER [YELLOW]】

参照【nagatani】POWDER [YELLOW] 金運アップ効果としても名高い希少なダイヤモンドパイソン(蛇革)をパステルカラーでシンプルにデザイン

「財布は春に買い替えるとよい」といわれていますね。

「春財布=張る財布」として「お金がたくさん入る」とか。

特に立春から春分の日までに買い替えるのがよいとされ、そのせいか2月になるとあちこちで財布のワゴンセールを見かけます。

ワゴンセールであっても、好みの財布が見つかることもあるでしょう。

値段もお手頃なら、思わず買い物カゴに入れてしまうかも。

しかしワゴンセールで売られていた財布は、購入してもあまり大切に感じない傾向があります。

きれいに並べられていた財布より、価値が低いとどこかで思っているせいかもしれません。

それに値段に釣られて購入したものには、なぜか不満を感じやすいこともあります。

「意外と使いにくい」「やっぱり色が気に入らない」「何だか安っぽく見える」など。

大切なお金やカードを入れる財布は、大切に思えるものを選びましょう。

【商品名:牛革 長財布】

参照:「イビサ」牛革 長財布 フラップ部分のカーブラインが女性らしくやさしい印象の長財布

コピー商品の販売は、商標法違反に問われます。

たとえ購入であっても「消費者基本法」に抵触する可能性も。

コピー商品の販売者は、知的財産権の侵害について罪の意識が薄いかもしれません。

しかし、知的財産権が守られなければ新しいデザインが生まれない可能性もあるため、皆で守っていくことが大切です。

また、使わなくなったコピー商品をフリマアプリなどで販売した場合、あなたが罪を犯していることになってしまいます。

購入者から「コピー商品を売った犯罪者」として起訴されることもあり得ます。

【商品名:NANCY [BLACK]】

参照:【nagatani】NANCY [BLACK] シルキータッチの毛並みがとても心地よい”癒し系”本革ラウンドファスナー長財布

では、社会人はどのような財布を使っているのでしょうか。

他の人がどのような財布使っているか?

どんな財布が今は適しているか?

この章では、社会人が選ぶ財布の種類をご紹介します。

長財布の魅力は、何といっても収納力。

カードの収納枚数や小銭の収納量もバツグンです。

お札を折らずに収納できるのも長財布ならでは。

ピンときれいなお札で支払うのは、何とも気持ちよいものです。

しかし、どうしてもかさばるため小さめのバッグを好む方や、荷物が多い方には敬遠されがち。



●画像左のラウンドファスナー財布は、レザーブランド「NAGATANI」の「SAHO」シリーズです。

ドイツの名門タンナー「WEINHEIMER(ワインハイマー)社」のレザーを日本の職人が縫製しています。

主に海外向けに製造しており、素材の良さと縫製の美しさは折り紙つき。

最高級品のレザーは、いつまでも触っていたくなるやさしさです。

参照:【nagatani】SAHO [CAMEL] 老若男女、幅広く支持されている洗練されたシンプルなユニセックスデザイン

●画像中はミラノのレザーブランド「BONAVENTURA(ボナベンチュラ)」のかぶせタイプの長財布。

無駄のない洗練されたデザインと、贅沢に使用したシュリンクレザーが高級感を演出し、20代から40代の女性に人気のブランドです。

レザーのタンニングの工程で、コーティングを施しているため強度が高くアルコール除菌もOK。

収納力も文句なしです。

参照:「bonaventura」バイフォールド ロング ウォレット シュリンクレザー 

●画像右はスペインのブランド「IBIZA(イビサ)」のLファスナー長財布です。

IBIZAでは製造から販売までを自社で担っており、使う人の声が職人に届きやすい環境。

使う人の身になってものづくりをすることがベースになり、革ととことん向き合ってきたという歴史があります。

この財布も繊細でありながら汚れや傷が目立ちにくく、しかもスマートと使う人のことを考えて作られています。

参照:「イビサ」レーサ L字ファスナー長財布 花を手にした時の幸福感を日常に添えるアイテムは、大切な方への贈り物にも最適

二つ折りの財布は、それなりに収納量も確保しつつコンパクトと、バランスのよさが魅力です。

手ぶらで出かけたいときにはポケットに収められ、小さめのバッグを持つときにもはみ出す心配がありません。

それでいてお札が入り、小銭もカードもそれなりに収納できます。

しかし、現金の出し入れに少し手間がかかることや、お札が曲がってしまうのはデメリットといえるでしょう。


●画像左は、レザーブランド「NAGATANI」のラウンドファスナー二つ折り財布です。

「SOHO」と同様に最高級品のやさしい手触りはもちろん、壊れやすいファスナーにはYKKの「EXCELLAR」を使用しています。

参照:【nagatani】BONNY [CHELSEA GRAY] 小さいバッグや手ぶらで出たい時に便利

●画像中は「BONAVENTURA」の二つ折り財布です。

バイカラーがおしゃれで、マチの広い小銭入れは使いやすさも考えられています。

ベルトは取り外し可能で、ワントーンとバイカラーの2色が付属しています。

参照:「bonaventura」ベルテッド バイフォールド ウォレット シュリンクレザー

●画像右は「IBIZA」の二つ折り財布。

ボックスタイプの小銭入れやカードポケットなどひと通りの機能があり、そのうえ傷や汚れがつきにくい普段使いにうれしい財布です。

参照:「イビサ」牛革 BOXコインケース付折り財布 小銭の出し入れがスムーズに行えるBOX型のコインケースが付いている2つ折り財布

ミニ財布は二つ折り財布よりもさらにコンパクトでありながら、お札・小銭・カードが収まるよう作られています。

そのため、小銭入れやカードケースを別に持ち歩く必要がありません。

もちろんポケットにもすっぽり入りますし、荷物を小さくしたいときにもぴったりです。

しかし、コンパクトなだけに使い勝手はやや劣ります。

収納力も低く、無理やり詰め込んでしまっては型崩れの原因にもなりかねません。

●画像左は「NAGATANI」の三つ折り財布。

レザーはもちろんWEINHEIMER社の最高級品で、やさしい手触りはそのままです。

参照:【nagatani】BONHEUR [MAROON] 小さいのに充分な収納性とデザイン。

●画像中は「BONAVENTURA」の三つ折り財布です。

やさしいカラーが印象的で、コンパクトなのに機能的に作られています。

参照:「bonaventura」スモール ウォレット シュリンクレザー 必要最低限の収納を可能にした機能的で計算されたデザインのコンパクトな三つ折り財布

●画像右は「IBIZA」の三つ折り財布。

明るいトーンのカラーが気持ちよく、ゴールドの金具が高級感を演出しています。

参照:「イビサ」フェリース 三つ折り財布 きらりと光るゴールドのホックボタンを施したベルト部分がデザインポイント

コインケースは、サブの財布として持ち歩くのに向いています。

特にランチタイムなどで飲み物だけ買いに行く、というシチュエーションにはコインケースが何より便利でしょう。

最近では小銭以外にも、カードや折りたたんだお札を入れられるポケットやキーホルダーなどがついたタイプもあり、用途に応じて選べます。

キャッシュレス派は、コインケースをメインにしてもよいかもしれませんね。

デメリットとしては、お札が入らないためメインの財布としては使いづらい、機能性を重視するとコインケースなのにサイズが大きくなってしまうなどです。

画像左は「NAGATANI」のコインケースです。

コンパクトな手のひらサイズで大きく開くボックスタイプのコインケースは、シンプルでも使いやすさはバツグン。

参照:【nagatani】ELLA [CYAN] 手のひらサイズの温もり

画像中は「BONAVENTURA」のスリムなミニジップウォレットです。

カードが5枚分とフリーポケットもあって機能的。マチつきで見た目よりも収納力があります。

参照:「bonaventura」ミニジップ ウォレット シュリンクレザー 必要最低限の収納を可能にしたスリムな設計

画像右は「IBIZA」のL字ファスナー財布です。中も外もポケットがたくさんあって細かく仕分けするのに便利。

牛革のシボは傷や汚れが目立ちにくいのでおすすめです。

参照:「イビサ」エスタンダル L字ファスナー財布 素材の良さが際立つシンプルなコレクション

最後に、社会人が使う財布の選び方をご紹介します。

普段、周囲の人の財布をまじまじと見る機会がない方はぜひ参考にしてください。

財布のブランドを気にする方は多いのではないでしょうか。

バッグと比べてもリーズナブルなせいか、ハイブランドの財布を持つ方は多い印象です。

人気のブランドは「ルイヴィトン」「グッチ」「コーチ」「プラダ」「ボッテガ・ヴェネガ」など。

ハイブランドの財布は、ステータスの高さを感じさせる効果が期待できます。

一方、ハイブランド以外では日本のブランド「ポーター」や「ダコタ」も人気です。

比較的リーズナブルで、販売店が多く入手しやすいことも理由のひとつといえます。

【商品番号:BWAT34-ETGG】

参照:「bonaventura」エンベロープ ミニジップ ウォレット シュリンクレザー 

財布のデザインも決め手になりえます。

財布は毎日使ううえ人の目に触れやすいことから、持つ人の個性を感じるもの。

自分の好きなデザインや色で、自分らしさを表現するのもよいでしょう。

最近は素材や色も豊富なため、好きなデザインを選べます。

逆に、多すぎてどれを選べばよいかわからないなんてことも。

そろそろ買い替えようかな、と思ったら早めに準備することをおすすめします。

【商品名:牛革 二つ折り財布】

参照:「イビサ」牛革 二つ折り財布 フラップ部分のカーブラインが女性らしくやさしい印象

財布で大切なことに、使い勝手のよさや財布が持つ金運などがあります。

また、ある程度使ったらフリマアプリで売って次の財布の資金にしようと考えている場合は、付加価値のある財布も気になるでしょう。

使い勝手には好みもありますが、支払いのタイミングで素早くお金を取り出せるかは多くの方にとって重要なのではないでしょうか。

そのため「大きく開いて中が見やすい」など機能的な作りになっている財布は人気が高い傾向があります。

収納力を重視するなら「小銭をたくさん入れてもすっきり見える」や「ポイントカードを持ち歩きたいからカードがたくさん入る」なども選ぶときのポイントになります。

場合によっては金運をより重視する方もいるでしょう。

金運がよいとされる条件はさまざまなため、どの条件を選ぶかは難しいかもしれません。

総じていえるのは、色なら黄色・緑・ゴールドなどで、形は長財布といったところでしょうか。

付加価値といえば財布の場合は主にハイブランドです。

使った財布をできるだけ高額で売りたいと考えているなら、自分の好みより人気が高いブランドの財布を購入する方が得策。

傷が目立たない素材を選んで汚さないように使う、という配慮も必要でしょう。

【商品名:LEAF [SHINY-GREIGE]】

参照:【nagatani】LEAF [SHINY-GREIGE] 煌びやかなダイヤモンドパイソンの風格を

ご自身の好みや環境などを考慮して普段持ち歩く財布は想像出来たでしょうか?

ただ忙しい会社員は買いに行く時間がない。

疲れた日常で休日に探し歩く体力がない、インドア派の人もいるでしょう。

そんな時にネットショッピングを活用して理想の財布を探してみてはいかがでしょうか?

数ある通販サイトから3サイト選んで見ましたので是非ご覧になって参考にして下さい。

【商品名:EUNOIA L-WALLET [INK BLUE]】

参照:【nagatani】EUNOIA L-WALLET [INK BLUE] 時には端正な自分も表現したい。

NAGATANI(ナガタニ)は1968年に創業された老舗のレザーブランドで、バッグや財布、レザーアクセサリーを手がけています。

裁断から縫製まで熟練された職人による手作り製品。

その品質はヴァインハイマー社の高級シュリンクレザーを使用しており、有名ハイブランドも愛用する最高級品として知られています。

その高い技術力から皇室御用達のブランドとしても認知されており、かつてはアメリカ大統領夫人に贈られる国賓別注品も手がけ、世界的な知名度を誇っています。

多くの方が、ハイブランドやラグジュアリーブランドを経て、「本当に価値あるものを」と感じ、NAGATANIを選ぶ傾向が見られます。

主に30代から60代のハイエンドな女性層に向けて、品質と使いやすさを追求した製品が多くの支持を受けています。

興味深いことに、NAGATANIの製品は、エルメス(HERMES)が使用している素材と同じ革を採用しているにもかかわらず、手頃な価格帯で入手可能です(約4万円前後)。

>> NAGATANI[ナガタニ]

【商品番号:BWAS5-BK】

参照:「bonaventura」エンベロープ ミニジップ ウォレット シュリンクレザー 

BONAVENTURA(ボナベンチュラ)は、イタリア・ミラノ発のラグジュアリーレザーブランドで、レザーの故郷であるイタリアの歴史ある産地から生まれました。

古代ローマ時代から皮革製品が使用されていたイタリアは、特にフィレンツェが有名です。

ロンバルディア州のミラノも牛革などの生産が盛んで、多くのタンナー(革をなめす工場)が存在します。

イタリアンレザーは世界三大レザーの一角を担い、良質であると同時に、「なめし」に使用されるタンニンに欠かせない植物が育ちやすい土地柄もあり、その発色の良さでも知られています。

BONAVENTURAは、ハイブランドに匹敵する最上級の品質と、イタリアンレザーの美しさを最大限に引き出すミニマルデザインが大きな魅力です。

製品は使う人の身になり、手入れも簡単。独自の撥水加工「ナノガラスコーティング」により、汚れが付着しにくく水にも強い特徴があります。

また、水やアルコールで拭くことができるため、美しさを長く保つことができます。

「ブランド品はひけらかすようで持ちたくない」という方にもおすすめで、ブランドロゴが控えめなデザインで上品さを保ちます。

スタイリストやモデルにも多くの愛用者がおり、その信頼性と洗練されたスタイルで知られています。

BONAVENTURA

【商品名:やぎ革 ラウンドファスナー長財布】

参照:「イビサ」やぎ革 ラウンドファスナー長財布 長く使い続けるための心地よさを質の高いやぎ革で実現した

 「イビサ」という社名は、スペインの地中海に浮かぶ美しい島である『イビサ島』に由来しています。

イビサは、高品質な天然革を使用し、一枚一枚の革の独自の特徴を生かしたバッグづくりにこだわっています。

50年以上にわたり続く伝統あるバッグブランドであり、国内の自社工場で職人の手によって一つ一つ丁寧に製作されています。

お客様に寄り添った質の高いアフターサービスは、イビサならではのものです。

イビサは製造メーカーであり、販売者であり、メンテナンスのプロでもあります。

シンプルで飽きのこないデザインは時代を超え、厳選された素材から生まれる革の経年変化を楽しむことができます。

そのため、母から娘、孫まで代々にわたり愛されるファンが多いのです。

売上至上主義やトレンド追随ではなく、「使う人のことを考える」という価値観を最優先に掲げ、バッグ作りを実践しています。

お客様の声を大切にし、ショップやメンテナンスを通じて得たフィードバックを新商品に取り入れています。

同時に、ものづくりの精神を大切にし、サステナブルファッションに貢献する取り組みも積極的に行っています。

【イビサ公式オンラインショップ】

社会人としての自己表現において、品位あるアイテムの選択は重要です。

本記事では、社会人として恥ずかしくない上に、レディースに人気の財布とその選び方に焦点を当てました。

洗練されたスタイルと実用性を兼ね備えた財布を選ぶことで、日常の装いが一層引き立ちます。

しっかりとした素材やミニマルなデザインなど、検討すべきポイントを押さえつつ、自分らしいスタイルを見つけてみてください。

15000円クーポン