コーデ PR

なぜオールブラックコーデはダサいと言われる?3つの原因3つのポイント

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ブラックコーデはカッコよく女性が着るとミステリアスな雰囲気もありますよね!

最近のファッションの傾向として、色の統一感を大事にコーディネートをしていることがあります。

要は同系色または単色でコーディネートを作るということです。

一見すると、同色系や単色でコーディネートを考えることは簡単に思えるかもしれません。

しかしふたを開けてみると、同系色や単色でコーディネートを考えることは失敗もそれなりにあるのです。

特に全身を黒でまとめる”ブラックのコーディネート”は、ダサいと言われてしまうほど失敗しやすいものです。

だからと言って、全身をオールブラックにして必ずしもダサいということはないのです。

結論を言ってしまえば着こなすことも可能なのです。今回はオールブラックコーデについてお話していきます。

ブラックコーデがダサいと言われる理由

”全身を黒でまとめる”というと、皆さんはどんなイメージがありますか?

よくある意見では「清潔感がない」ということや「ブラックフォーマルにも見える」という点でしょうか。

ファッション=個性を表現するものの代表格ですが、全身をオールブラックにしてしまうとその個性つまりオリジナリティがなくなるとも考えられますよね。

オリジナリティが失われてしまうことは改善できそうな気もしますが、ではなぜオールブラックコーデがダサいと言われてしまうのでしょうか。

ブラックコーデがダサい3つの原因

黒はある意味はっきりとした色であり、逆にイメージをぼかすこともある色です。

これをイラストに例えてみましょう。漫画などを読むと人物や物事すべてに輪郭として黒の線が描かれていませんか?

これは、その漫画に登場するすべての物事をはっきりと見せたいからです。

しかし、人物画やポートレートなどのイラストではどうでしょうか?黒い輪郭線はあまり見られません。

それは写真と同じように実際の世界には輪郭線というものは存在しないからです。

そんな黒を全身コーディネートに取り入れてみると、はっきりする部分とぼやけている部分のバランスが悪く印象もあまりよくありません。

オールブラックコーデがダサいと言われてしまう理由には以下のような理由がありますので、少しチェックしていきましょう。

黒が持つ印象=暗いイメージであるということ

黒という色を思い浮かべるとき、どんな場面や気持ちをイメージしますか?

場面で言うなら”ブラックフォーマル”や”厳粛な場”そして”目立たぬようにする場”など。

気持ちの面で言えば”暗い”や”どんより”または”悲しい・怖い”など、なんだかマイナスなイメージが先行してしまいがちな色が黒ですよね。

決して誰が決めたわけではないこの黒に対するイメージですが、このイメージを取り払うことはなかなか難しいかと思います。

清潔感

黒ははっきりした色ですが、少しくらいの汚れなら目立たない点があります。

しかし、白っぽい汚れ=頭皮のフケやほこりなどはほんの小さなものでもすぐに目立ってしまうデメリットがあります。

そのため、オールブラックコーデをする上で清潔感を出すことは少なくとも課題になりますよ。

また、仮に自分がそこまで気にしていなくても、周りから気づかれてしまった汚れに関して恥ずかしい思いをしてしまうこともあるかもしれません。

体型カバーが難しい

上記したように、黒ははっきりしている部分もあればぼやけて見えてしまう部分もあります。

そのため、体型カバーしたいところがあっても全身オールブラックだと、全部が繋がって見えてしまい体型をカバーすることが難しくなってしまいます。

また、黒は引き締め色とも言われていますが、着るものの素材や質感などによっては膨張して見えてしまうことも少なくありません。

ブラックコーデを着こなす3つのポイント

それでは全身をオールブラックコーデで決めること、着こなすことは不可能なのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません!オールブラックコーデだからこそできる可愛さやこなれ感、そして何よりおしゃれに見えるポイントがあるのです。

ファッションにはカテゴリーやジャンルと言われるものがありますが(ファッションのテイストとも呼ばれますね)それぞれのジャンルにおいてもオールブラックコーデは通用します。

そのために、次にご紹介する3つのポイントを参考にしてコーディネートを考えてみてください。

きっと素敵なオールブラックのコーディネートが決められるはずです。

適度な肌見せで少しぬけた感をプラス

全身をオールブラックで包んでしまうと、全体的に色味が少なくなるためバランスが悪くなりがちです。

そこで、適度な肌見せを意識してみてください。

例えば、首(デコルテ部分)や足首、夏であればノースリーブやひざ丈のボトムスを使ってなるべく肌の色が見えるようにコーディネートしてみます。

するとどうでしょう?オールブラックの中にも肌の色が見えることによって、色のメリハリが効いたコーディネートが完成します。

ポイントは、見せる肌の部位です。がっつり背中が開いていたりミニスカートで足の見える範囲が多かったりというよりも、少ない肌見せを細かくとることです。

【商品番号:ks2303-031945】

引用:Pierrot

ポイントごとに差し色も使ってみる

上記したように、オールブラックコーデには適度な肌見せで肌の色を使うことも重要です。

しかし、なかなか肌見せがうまくできない方もいます。

そういう場合には、アイテムやポイントごとに差し色を使ってみることをおすすめします。

アイテムを選ぶならモノトーンカラーのものより基本的に明るい色、つまり黒とは反対の色が最適です。

白は王道でオールブラックコーデ初心者の方でも大丈夫です。

暖色系=ピンク・オレンジ・赤・黄色なども使えます。

ただ普段あまり暖色系を使わない方で寒色系を差し色に考えることもできますが、その場合にはなるべく薄いパステルカラーや透明感のある色を使ってみましょう。

差し色を使う部分ですが、靴やバッグはもちろんベルトや靴下などコーディネートのポイントになるようなアイテムに差し色を使ってみてくださいね。

異素材ミックスや柄も有効活用

上の項目では色に注目してみましたが、素材や柄でもオールブラックコーデが格上げされるのです。季節ごとに例を挙げて見ていきましょう。

春コーデ

黒のセットアップにインナーとして、足元にもスニーカーで白を投入。

差し色プラスアイテム使いで一気にこなれ感アップです。

【商品番号:sw2209220086315164】

引用:SHEIN(セットアップ)

夏コーデ

黒のワンピースが主役ですが、差し色としてアイテムに明るい色を使っています。

夏でも紫外線対策や屋内の防寒として羽織りが必要な時もあります。

そんな時に明るめのものを持っているだけで、オールブラックコーデもしっかりおしゃれにできます。

【商品番号:46-211104001-01】

引用:coca(SHOPLIST内)

秋コーデ

オールブラックで全身をまとめていても、キャップやスニーカーなどで差し色を取り入れることは初心者の方にもおすすめです。

【商品番号:66-200714001-04】

引用:coca(SHOPLIST内)


冬コーデ

冬にはアウターが必須です。

そこで、オールブラックコーデの上に着るアウターに色味を取り入れてみましょう。ダークな色合いの中にもメリハリとバランスが見えますよ。

【商品名:ハイネックレザーショートブルゾン】

引用:SHOPLIST

ブラックコーデでもダサいと言われないコツ

ブラックで全身をコーディネートしても、ダサいと言われないコツがあります。

それは”メリハリ”と”アイテム”の使い方を意識することです。

メリハリということはぼやけてしまいがちな黒一色の中にも、どこかはっきりとしたものが置かれていることを指します。

また、オールブラックのコーディネートを可愛く着こなすにはアイテムも使い方によって様々な変化を与えてくれます。

ここでは、オールブラックコーデをおしゃれに見せるコツをご紹介していきます。

ブラックコーデにプラスする小物

ざっくりアイテムと言っても、ファッションに使えるアイテムは多数存在しているため、どのようなものがオールブラックのコーディネートに使えるのか悩んでしまいますよね。

そこで初心者の方でも比較的取り入れやすい基本的なアイテムを3つご紹介します。

【スニーカー】

スニーカーといえば白が定番です。

全身を黒一色にした足元に白いスニーカーはとてもおしゃれに見えます。

【靴下】

一見難しそうに思える靴下ですが、例えばオールブラックコーデでもモノトーンを意識することによって、靴下の色を白・グレーにしてみたり、レース使いのものに変えてみるだけでも全然違うのです。

【バッグ】

実際に着る洋服や靴で差し色を作ろうと考えても難しい場合、バッグに明るい色を使うという方法があります。

自分が普段着ないような色でもバッグとしてなら取り入れやすいです。

素材を変えるだけでブラックコーデもおしゃれに

洋服の素材にも意味があります。それは機能性だけでなく、おしゃれにも繋がっていることなのですよ。

季節によって素材は重要ですが、特に季節ごとの洋服の素材に注目してみるとわかりやすいかもしれません。

例えば、夏なら透け感のある素材で黒を使ってみる。

冬ならアウターにボアのものを黒で置いてみる。

このような形で、様々な”素材と黒”を意識してみるとオールブラックコーデも簡単に、そしておしゃれに作ることができます。

オールシーズンワンピースがポイント

実は、どの季節でもブラックコーデでワンピースが活躍することに皆さんはお気づきでしょうか?

トップスとボトムスを分けて、オールブラックコーデを作ることももちろんおしゃれに決まります。

しかし、もっと簡単にできてしまうのが黒のワンピースです。

オールシーズン、その季節ごとに黒のワンピースを持っていればアイテムや差し色をプラスするだけであっという間にオールブラックコーデの完成です。

季節ごとに揃えなくても、薄手1枚と厚手1枚を持っていると便利かもしれません。

ブラックコーデにおススメ通販3選

ここではおススメ通販3サイトを紹介します。一般的な物からお手頃価格な物まで様々な種類が揃う通販サイトです。

ブラックコーデでも自分の生活にあった物が見られますので参考にして下さい。

Pierrot

【商品番号:s2002-091528】

引用:Pierrot

Pierrot(ピエロ)は、幅広い年齢層の方々に愛されている通販サイトです。

20代から50代までの多様な世代に支持されており、特に30代の女性には大変人気があります。

外出や通勤に適した商品が豊富に揃っており、レディース・キッズファッションからスキンケア商品など、多岐にわたる商品ジャンルを提供しています。

また、親子でお揃いのコーディネートを楽しむことも可能です。実店舗は設けられていませんが、オンライン上での販売のみを行っています。

そのため、直接商品を手に取って確認することはできませんが、商品の品質向上が確認されており、安心してショッピングを楽しむことができます。

さらに、「低身長」や「高身長」、機能性のあるニットや手入れが容易なアイテムなど、さまざまなタイプの方に合った商品も充実しています。

送料は宅配便を利用する場合、地域によって異なり、690円から1,690円(離島については別途料金が発生することがあります)。

メール便の場合は送料280円がかかりますが、5,500円以上の購入で送料無料となります。

【Pierrot】

coca

【商品番号:26-221017002-12】

引用:coca(SHOPLIST内)

coca(コカ)は、大人向けのファッションサイトです。女性、男性、子供向けのファッションアイテムやアパレルグッズを幅広く提供しています。

また、全国に多数の実店舗も展開しており、多くの方々が一度は商品を手にしたことがあるでしょう。

トレンドを感じることのできるレディースファッションを中心に、「ちょっとおしゃれな日常着」をコンセプトにした商品を取り揃えています。

シンプルでありながら個性的なデザインが特徴で、幅広いスタイルに合わせやすいアイテムが揃っており、おしゃれな大人の女性にも愛されています。

20代から50代の幅広い世代の女性に支持され、リラックス感あるカジュアルウェアが多くラインナップされており、着回しの利くアイテムも豊富です。

さらに、シンプルながらも品質を損なわずに提供されるため、1,000円以下でオーソドックスな形のTシャツを手に入れることができ、多彩なカラーバリエーションを揃えることも可能です。

そのため、「プチプラながらも安っぽさを感じさせない」という点が人気の秘訣とされています。

coca(SHOPLIST内)

SHOPLIST

【商品名:ケープジャケット風スーツセットアップ】

引用:SHOPLIST

SHOPLISTは年間で約「167万人」の利用者があり、「393万件」の出荷が行われ、出店しているブランド数は「1,000」を超えるなど、幅広い品揃えを誇っています。

SHOPLISTを利用するユーザーは数多く、豊富な口コミが存在しているため、注意深く調査すれば失敗を回避できます。

さらに、ショップの評判だけでなく、商品自体に対するレビューも確認することで安心感が得られます。

セールやクーポンが多数用意されており、お得なショッピングの機会が多く、その声も多く聞かれます。

さまざまなイベントや企画が充実しており、こまめにチェックすることで、お気に入りのアイテムをお得に手に入れるチャンスが広がります。

SHOPLISTは、多彩な品揃えを求める30代の女性に特におすすめのオンラインショッピングサイトです。

SHOPLIST

なぜブラックコーデはダサい?まとめ

オールブラックコーデがダサいと言われてしまう理由から、どうしたらそれを抜け出しておしゃれに見せられるか、この記事を参考にしてもらえたら嬉しいです。

どの季節でも通用する、そして個性を活かせるオールブラックのコーディネートで、自分だけのオリジナルファッションライフをお楽しみください