コーデ PR

【40代メンズ】間違ったジーンズの履き方!正しい選び方とおすすめブランドを紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

40代と言えば人生のちょうど折り返し。

生活も体型も変わってくる年頃。あんなに好きでよく履いていたはずのジーンズが、ある日似合わなくなっていることにふと気づく。

特にダメージジーンズはいつからか「痛いおじさん」風になってしまい、もう人前では履くまいと誓う。

自分のお金も時間も中々取れず洋服にかけられるお金も限られてきているでしょう。

そのまま若い時の服の着ていると周りから冷ややかな目で見られる時もあります。

ただ人の目を気にしなくなったり異性を意識しなくなっては男としてダメですね!

色落ちや形、破れや選ぶ色など1歩間違えればダサく見られがちです。

でも大丈夫です!カッコ悪いおじさんにならない為にこれから解説します。

今やジーンズはカジュアルウェアの中心で老若男女多くの人が着用しています。

諦める前に、年齢を重ねたからこそのかっこよさをジーンズで表現してみてはいかかでしょうか。

なぜ40代男性はジーンズが似合わなくなるのか

なぜ40代になるとジーンズが似合わなくなるのでしょう?

薄々勘づいている方もいると思いますが一番の理由は「見た目の変化」です。

もちろん個人差はありますが、30代も終わりに近づいてくると若さが失われてきたと思う人は少なくないはず。

肌のハリ・ツヤ、体型、髪のパサつき…。

若さが失われてきたら初めに気を付けたいのが「清潔感」です。

とにかく年齢を重ねると清潔感が薄れてしまいます。だったらそれを着衣や髪型などで補うしかありません。

また体型も理由の一つで鍛えてる方も中にはいますが、大半の人はお腹が出てたるんできます。

若い時に太目のジーンズを腰パンして履いているのがカッコよかった時期もありますが今の体型でやってしまえばただのダボっとした、だらしのない履き方になってしまいます。

またスキニーパンツをピタピタに履いていたのを思い出して今、挑戦してもちょっと気持ち悪いですよね。

40代男性にジーンズが似合わなくなるわけではなく「20代の頃のようなジーンズが似合わなくなる」だけです。

20代にはない40代の年齢を重ねた今だから出来るかっこよさをジーンズで表現しましょう。

40代男性はダメージジーンズに注意

ダメージジーンズはちょっとワイルドでラフさがカッコイイですよね!

穴が開いていたり色落ちやペイントが飛んでいたりとか様々なのがあります。

でもそれは10代や20代。40代でまだイケると勘違いしている人も多いはず!

なぜ40代男性のダメージジーンズコーデは難しいのか?

その理由を解説します。

肌の露出し過ぎ

若くて肌にハリがあり、しかも体が引き締まっていた頃は多少の露出も見苦しくなることはありませんでした。

ところが年齢を重ねると肌の露出が「痛い」感じに見えてしまいます。「肌を露出させながら品のよさを保つことは難しい」問題はそこにあります。

体毛の濃さや肌の張りやシミなどが大胆に見えていては流石に品を気にすることはできませんよね。

40代になったら肌の露出は抑えて、品よくかっこよくジーンズを楽しんで下さい。

清潔感がない

一般的に年齢を重ねると徐々に清潔感が失われていきます。悲しい現実ですが加齢臭なども出てきます。

ダメージジーンズはそれに追い打ちをかけてしまう可能性大です。

普段から身なりに気を使っていても「清潔感がない=汚い」から「汚い=臭い」とみられてしまいがちです。

その履いているジーンズが高かろうが安かろうが有名ブランドでも関係なく判断されてしまいます。

それはダメージの入り方に問題があり変なイメージを持たれないためにも気を配って「清潔感あるダメージジーンズスタイル」を目指しましょう。

子供っぽくみられる

ダメージジーンズは若者のアイテム=子供っぽい。

こんな印象を周りに与えてしまうのも、ある意味仕方がありません。

お洒落で最初から破れる加工をしてあるものが大半ですが子供の時はやんちゃで膝を大きく破いていたり、長く履きつぶして生地が脆くなって切れていたりとゆうイメージがあるので子供っぽくみられるのかもしれません。

あまり派手に裂けていると大人が頑張って着用しても「子供のお下がり」感が出てしまう危険性があります。

40代メンズがかっこいいジーンズを選ぶ

ここまで読むと「一体どんなジーンズなら40代でも似合うんだ!」

「結局履かないほうがいいじゃない?」などと叫んでしまいそうです。

でも心配はいりません。40代には40代になったからこそ似合うアイテムがちゃんとあり若者にはない40代の大人の男しか出せないカッコよさがあります。

ここでは4つに絞って解説します。

腿や裾の部分のサイズも注意しよう

大人にとってサイズ感は重要です。

ピタピタでもダボダボでもいけません。寸足らずでも長すぎてもダメです。

自分の体にあった適応サイズ着用し年齢を考えて「きちんとジーンズを履く」ことを意識してみましょう。

あまり体のラインを拾わないしっかりめの素材で、太もも周りはほどよくフィットするくらいのサイズを選んでください。

裾はきちんと合わせて裾上げしてもらいましょう。

短めですっきり履きたい時は「足首チラ見せ」。くるぶしを目安にして裾上げを頼むといいでしょう。男女ともアンクル丈はバランスよく見えますね。

長く履きたい時はかかとが隠れるくらいがいいでしょう。試着して丈上げをお願いする際、必ず靴を履いて長さをチェックし大きい鏡で全体を見てみましょう。

スポンサーリンク

色はなるべく濃い目の色で

淡いブルーは卒業しましょう。40代からは濃色カラーが似合います

ネイビーやブラックなど落ち着いた色がいいです。

淡いカラーが履きたい時はホワイトジーンズをセレクト。

絶対に下着が透けないよう、試着で何度も確認してください。

また地の色が色落ちや表面が擦り切れて見えるときに茶色っぽく見える染め方をしているジーンズより白っぽく見える物のほうが清潔感もありスッキリ見えるので色落ちの色も気にするようにしましょう。

履く前に裏地などをみるとわかると思います。

加工のやり過ぎはダメ

40代になったらダメージジーンズが全てNGなわけではありません。

派手なダメージは痛い印象になりがちなので気を付けましょう!ということです。

膝が豪快に破れていたり腿やお尻の部分に加工があり下着が見えているなど、女性はまだしも男性はやめたほうがいいですね。

肌が見えないよう控えめなジーンズを選んでみましょう。それが鉄則です。

ジーンズに合わせる靴もコーディネイト

大人の着こなしで重要なのはベルトと靴。

特にジーンズを履いた時の靴に手抜きは禁物です。

清潔感全開の真っ白なスニーカーや革素材のスニーカー・ブーツなどを選びましょう。

シンプルなデザインながら手入れが行き届いているものがベターです。

履き古していたり踵の踏み後がついていたりなど足元のお洒落がパンツ・トップスと引き立ててくれますので高価な物ではなくても形がしっかりしていて汚れの少ない綺麗な物を履いて下さい。

大人の着こなすジーンズ選び

今の自分に似合いそうなジーンズは見えてきましたか?

では、40代でも十分履きこなせるジーンズについて具体的にご紹介します。

ポイントは3つです。

ダメージあり過ぎは若者向き

あまりにも激しいダメージは大人には不向き。

「どうしたの?」「なんかあった?」という印象になってしまいます。

裾などを引きづって過度にダメージが入っていなくてもいいんです。

物足りなさはあるかもしれませんが適応適所を抑えることが大人のダメージジーンズであり大人はダメージの強さで主張しなくても、内面で勝負できるのでダメージは控えめで十分です。

丈はスッキリしておしゃれ感UP

ジーンズの丈は長すぎNG。

くるぶしが隠れるくらい、または足首がチラッと見えるくらいがいいでしょう。

だらしない印象にならないようにスッキリした丈がおすすめです。

40代になるとゴルフをやっている人もいると思いますが近年はゴルフのパンツも短く丈直しする人が多く見受けられます。

紳士のスポーツと言われるゴルファーなどがそのように履いているのではればとても良い参考になりますね。

ただジーンズの場合はカジュアルな洋服なので太さなどに合わせてスッキリと見える丈に調整して下さい。

上着はピシッとキレイ目で決める

ジーンズに白のTシャツが似合うのは、ほとんどの場合30代半ばまで。

大人はもう少しキレイ目なトップスがお似合いです。

キレイ目ジャケットやキレイ目カットソーなどがベストです。

特に体型に自信がない場合、夏だからと安易に「Tシャツ+ジーンズ」は危険を伴います。

Tシャツも柄やロゴものは若い時のうち。

無地のシャツや丸首やVネックなど形で変化を求めたりワンポイント程度の物を選ぶのがいいでしょう。

体のラインが出にくいパリっと感のあるシャツなどすっきり見えるように工夫をしましょう。

40代でもう一度自分のファッションを見てみる

繰り返しになりますが、40代にもなると若い頃は普通に着ていたアイテムがびっくりするくらい似合わなくなってきます。

長らくクローゼットの見直しをしていないという方は、早めに整理するのがおすすめです。

意外かもしれませんが洋服にも消費期限的な感じの事があります。

2.3年が期限とされていて実際販売されている洋服もその時期を超えると一気に値がつかなくなるとされています。

ですので1年ないし2年まったく手のつかなかった洋服は断捨離してもいいのではないでしょうか。

体型やTPOを考える

サイズがあまり変わらないからと若い頃の洋服をそのまま着ていませんか?サイズが変わらなくても体型は変わっています。

肩や背中など自分では気づかないうちに年齢が出ていることもあります。

大きな鏡で確認してみたり街中のショウウィンドウに写る自分の姿を眺めてみてください。「変わったな」と思うはずです。

また、どこにでもジーンズを履いて出かけるのも考えもの。

大人には大人のTPOがあります。「若いからまだわからないよね」は頑張っても20代までです。

時と場所を考えて着るもののチョイスをして出かけてください。自分だけならまだしもお連れの方がいる時は嫌な想いをさせてしまうかもしれませんので注意してください。

流行に沿わなくてもよい

流行を追うことが「おしゃれ」というのは少々子供っぽい考え方。

自分に似合うもの・好きなものに流行を少しだけ取り入れるくらいの方が大人らしいです。

自分が気に入って着ているものを着ている時が周りの人から見ても一番カッコよく見えます。

流行に振り回されずにおしゃれを楽しみましょう。

何十年物の洋服を断捨離する

たまにはクローゼットの中を見直して「最近着てないな」という洋服は処分しましょう。

「これ高かったから」と捨てられない気持ちもよくわかりますが、クローゼットは高い洋服を保管するためにあるわけではありません。

今は様々な処分方法がありますので検討してみては如何でしょうか?フリマアプリなどに出品してみて売れる楽しみもありますし売上金で新しい洋服を手にしてもいいのでしょうか。

40代メンズにオススメブランド

40代男性にオススメしたいデニムブランドを5つご紹介します。

このブランドでなければダメということはありませんが、やはり「考えて作られているな」ということは感じます。

古着屋とかで販売されているビンテージジーンズもいいのですが知識がないとハードルが高いので新品で購入するブランドを選びました。

「どこのジーパン買ったらいいだろう」とか迷っていましたら購入の際の参考になりましたら幸いです。

メイドインジャパン

皆さんご存知の通り、日本製のジーンズは世界的に高い評価を得ています。

今では日本製は少し値がはりますが日本人の性格が反映され、細部まで手を抜かない真面目さ・実直さがデニムにも表れていると個人的に感じています。

この洗練された技術こそが40代にはピッタリなジーンだと思います。ここでは国産ジーンズブランドを3つご紹介します。

【DENIME(ドゥニーム)】

DENIMEは1988年の創業以来、日本の老舗ブランドとして数多くの名品を産出してきました。

2022年3月に生産終了かと思われましたが、その後同じく老舗ブランドの「ウエアハウス」が運営を引き継ぐと発表。

テーパードシルエットが美しい「66モデル」は大人に似合います。

【WAREHOUSE(ウェアハウス)】

「ヴィンテージ古着の忠実な復刻」というコンセプトを設立から長年たった今もなお持ち続けている国産ブランド。

細部へのこだわり、生地や糸の1本、全ての工程に研究し並々ならぬ意欲でデニム作りをしています。

ヴィンテージの空気感などが好きな方にはオススメなブランドです。

【桃太郎ジーンズ】

桃太郎ジーンズは日本におけるジーンズの一大産地・岡山県で1992年に誕生しました。

特徴的な深いインディゴは、洗うほどに味わいが増していきます。

もうひとつの特徴は10年保証。購入から10年間は無料で修理してもらえます。

ケアレーベル

ケアレーベル(Care Label)は2007年イタリアで創立されたデニムブランド。

スラックスを思わせる美しいシルエットや鮮やかなカラーが特徴的です。

2013年に日本でも輸入販売が始まりましたが、まだ直営店はなく大手ECサイで出品されています。

ストンと落ちる形のストレートはスッキリ細見えするため、トップスを選びません。

【ラングラー(マーベリック)】

ラングラーは1904年創業ブルーベル社のウエスタンウエア部門の一角を担うブランドとして誕生しました。

当時ジーンズはただの作業着でしたが、それにファッション性を初めて取り入れたのがラングラーといわれています。

ラングラー・ジャパンが誕生したのは1971年。現在は「Lee Japan」が権利を所有しています。

マーベリックはラングラーの姉妹ブランドです。創業は1960年。

ラングラーとほぼ同じラインで、ステッチはラングラーの「W」に対して、マーベリックは「M」。

現在はほとんど市場に出回らないため、かなりのレアアイテムと言えます。ラングラーの特徴は細かいディテールにまでこだわり抜いたデザイン性です。

ストレートだけを取ってもさまざまなラインがあって、自分に似合う1本に出会える可能性大。

またブーツカットの足長効果は抜群で、体型カバーも期待できます。

【40代メンズ】間違ったジーンズの履き方まとめ

40代であってもジーンズのおしゃれはまだまだ楽しめると感じていただけましたでしょうか。

大人になったら気を付けたいのはとにかく「やり過ぎない」こと。

大人があんまり頑張りすぎていると「よほど自分に自信がないのね」と思われてしまいそう。

「頑張りすぎてないのになんかおしゃれ」が大人の魅力のひとつ。

これからもどんどん40代の新たなジーンズスタイルを追求してカッコイイ歳のとり方をしましょう。

15000円クーポン