骨格・体型 PR

なぜ骨格ストレートはハイウエストが似合わないの?原因と似合う服とは

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

最近のファッションの世界では、個々の体型やスタイルに合った洋服の選び方がますます注目されています。

特に、「骨格ストレート」の体型の方々がハイウエストのアイテムを選ぶ際に

「大丈夫かな?」

「似合うかな?」など悩んでしまいがちです。

その理由を知ることで、自分らしいおしゃれを楽しむヒントを見つけるかもしれません。

是非この記事を参考にこれからの服選びを楽しんで下さい。

骨格ストレートとハイウエストの相性が悪い理由

一般的に骨格ストレートさんは「引き算のコーディネートが得意」といわれています。

つまり「あれもこれも」と装飾を「足す」のではなく、シンプルなコーディネートや正統派の着こなしがお似合いです。

しかしハイウエストアイテムは、どちらかというと「足し算」のアイテム。

骨格ストレートさんとの相性はあまりよくないかもしれません。

この章では骨格ストレートさんがハイウエストアイテムをうまく着こなせない理由を解説します。

骨格ストレートとは?

「骨格診断」は、生まれ持った体の特徴を診断するもの。

「骨格ストレート」「骨格ウエーブ」「骨格ナチュラル」の3つに分けられます。

生まれ持った特徴のため、年齢を重ねても体型に変化があっても変わることはありません。

体の特徴を捉えたうえでの診断なので、洋服の選び方やコーディネートの判断基準として使用される方も多いのではないでしょうか。

3つの骨格タイプの中で骨格ストレートさんの特徴は、体つきが立体的なこと。筋肉質でメリハリがあります。

ウエストの位置は高め、腰幅とウエストの差は小さめ、太ももは太め、ひざ下は細めなども特徴として挙げられます。

手首の断面は丸に近く細いことも目安です。また肌には弾力やハリがあります。

30代~40代の骨格ストレートにおすすめのブランドと骨ストに似合う服も紹介骨格ストレートさんはメリハリのあるナイスバディな体型をしている方が特徴。今回は骨格ストレートをもう一度見直してNGな服装から似合うコーデを紹介します。 ...

ハイウエストの特徴

ファッションでハイウエストといえば、パンツ・スカート・ワンピースなど幅広いアイテムがありますが、メンズにはなくレディースのみと考えてよいでしょう。

特にGパンの場合は「ハイライズ」ともいいます。特徴としては「ハイウエスト」という通り、ウエスト位置が高めに設定されていることです。

パンツの場合、目安として股上が25cm以上でハイウエストとされています。

ハイウエストアイテムには脚長効果があるといわれます。

ただし、シルエットによってはヒップが大きく見えたりお腹が目立ったりすることもあるので注意が必要です。

【商品名:ハイウエストフレアマキシスカート】

引用:SHOPLIST

ハイウエストが似合わない理由の解説

骨格ストレートさんはもともとウエストの位置が高いため、ハイウエストファッションをすると上半身が詰まって見えます。

さらに上半身がしっかりしてボリュームがあるので、むっちり感が出てしまいがち。バランスも悪く、見た目が不自然になってしまいます。

骨格ストレートさんがバランスよく着こなすには、Iラインですっきりさせるのが定石です。

脚長効果でバランスがよくなるはずのハイウエストが、骨格ストレートさんに限っては逆効果となる可能性が高いというわけです。

骨格ストレートに多いパンツの悩み

骨格ストレートさんは、太ももが太めなのでパンツにネガティブなイメージを持つ方が多いかもしれません。

特に足のラインが強調されるデザインやルーズなシルエットなど、骨格ウエーブさんや骨格ナチュラルさんがきれいに履いているパンツがいまいち似合わないことがあります。

たとえばスキニーパンツは、足のラインが強調されてしまうためムチムチした印象になってしまいませんか?

タックがたっぷり入ったワイドパンツを履くと、ヒップがいつもより大きく見えてしまうことも。

しかし骨格ストレートさんは、決してパンツが似合わないわけではありません。

体型に合う素材やアイテムを選べば、おしゃれにカッコよくパンツを履きこなすことだってできます。

骨格ストレートに似合わないパンツ

では、骨格ストレートさんは、どんなパンツを選べばよいのでしょうか。

まずは骨格ストレートさんが避けるべきパンツをご紹介します。

パンツの選び方にお悩みの骨格ストレートさんはぜひご覧ください。

ショートパンツ

ひざ下がすらりと細い骨格ストレートさんは、ショートパンツできれいなひざ下を見せたくなるかもしれません。

しかし、もともと上重心なのにますます視線が上半身に集中し、バランスが悪く見えてしまいます。

しかもボリュームのある太ももが見えると、着ぶくれの原因にもなりかねません。

また体型的にクラス感のあるアイテムがお似合いなので、カジュアルなイメージのショートパンツではちぐはぐになってしまう可能性もあります。

【商品名:フォルドプリーツ 腰ポケット ハイウェスト ショートパンツ】

引用:SHOPLIST

スキニーパンツ

骨格ストレートさんが足にぴったり沿ったスキニーパンツを履くと、体の厚みや太ももの太さが強調されてむちむちした印象になってしまうかもしれません。

特にストレッチ素材のスキニーは、むちむちになりやすいので要注意です。

選ぶなら適度なゆとりがあるパンツで太ももをカバーするか、ひざ下が広がったアイテムで重心を下げるのがおすすめです。

【商品名:カラースキニーパンツ】

引用:SHOPLIST

ワイドパンツ

ワイドパンツに多いタック入りや柔らかい素材は骨格ストレートさんには難しいかもしれません。

厚みのある体型を際立たせてしまう可能性があるからです。

でも全部がダメなわけではありません。ウエスト周りがすっきりしたデザイン、ハリのある素材、センタープレス入りで縦のラインを強調するなどで似合わせることも可能です。

【商品名:リネン混くるみボタンワイドパンツ】

引用:SHOPLIST

骨格ストレートに似合う服の特徴

最後に骨格ストレートさんに似合うアイテムやデザインの特徴をご紹介します。

「何となく選んだ服が似合わなかった」

「もっとスタイルよく見せたい」

お考えの骨格ストレートさんはぜひご覧ください。

トップスの選び方とポイント

骨格ストレートさんのトップス選びのポイントは

・縦に開いたネックライン

・すっきりしたデザインで長めの袖丈

・大きすぎずぴったりしすぎないジャストサイズ

・ハリや高級感のある素材

・柄は大きめ

・ニットならハイゲージ

胸元にボリュームがあり首がそれほど長くない骨格ストレートさんは、首元がすっきりしたデザインのトップスがお似合いです。

VネックやUネック、スキッパーやキーネック(丸襟の前中心に切り込みを入れたようなネックライン)など。

シンプルなステンカラーシャツも、ボタンを開けて首元をすっきりさせるときれいに着こなせます。

骨格ストレートさんは肩幅が広い方が多いので、袖のデザインにも注意しましょう。

フレンチスリーブは肩幅の広さが強調され、気になる二の腕が目立ってしまうため避けた方がよいデザインです。

パフスリーブも肩にボリュームが出やすいため注意が必要です。

骨格ストレートさんにはシンプルな長袖か、夏でも五分袖くらいの少し長めの袖丈がおすすめ。

また、いくら首元がすっきり見えたとしてもオフショルダーはNG。肩が露になり、たくましく見えてしまいます。

引用:SHOPLIST

ボトムスの選び方とポイント

骨格ストレートさんのボトムス選びのポイントは

・Iラインを意識

・スカートはタイトやマーメイド

・パンツはストレートやテーパード、フレアパンツなど

・素材はハリや高級感のあるもの

・ウエスト位置はジャスト

・サイズ感もジャスト

・センタープレスやストライプ柄で縦ラインを強調



骨格ストレートさんがボトムスを選ぶ際に気をつけたいのは、素材・シルエット・丈です。

素材は、トップス同様ハリと高級感のあるものを選んでください。コットンやウール、レザーなど。

デニムはダメージがなくきれいなものがおすすめです。シルエットはIラインを意識しましょう。

広がりやすいフレアスカートや、タックがたっぷり入ったワイドパンツは避けた方が無難です。

選ぶなら、ひざ下から広がるマーメイドスカートやウエスト周りがすっきりしたデザインの、センタープレスワイドパンツがおすすめです。

丈はひざ丈やロング・マキシ丈を選びましょう。

タイトスカートなどIラインを作りやすいアイテムは、ひざ丈で細いひざ下を見せると着やせしやすくなります。

長い丈もOKですが、ミモレ丈のような中途半端な丈は避けてください。

適度なゆとりのあるアイテムでヒップや太ももをきれいにカバーしましょう。

パンツなら前述の通りショート・スキニー・ワイドパンツを避け、ストレートやテーパードがおすすめ。

ブーツカットやフレアパンツなど、重心が下がるデザインもよいでしょう。

引用:SHOPLIST

ワンピースやジャケットなどの選び方とポイント

骨格ストレートさんのワンピース選びのポイントは

・Iラインシルエット

・首元はすっきりと縦に開いている

・シンプルなデザイン

・ハリと高級感のある素材

・広がりやすい場合はウエストマーク

・ジャストサイズ

・大きな柄やコントラストの強いカラーもOK


ジャケットやアウター選びのポイントは

・テーラードカラー・Vネックのノーカラーなど襟が縦に開いているもの

・シンプルなデザイン

・丈は長め

・素材はウールなど目が細かく適度な厚みがあるもの

・ジャストサイズ

・モコモコ感・ポコポコ感が少ないもの

骨格ストレートさんに似合うワンピースは、Iラインを作りやすいシルエットのもの。

首元はすっきりと開いていて、あまり装飾がないワンピースを選びましょう。

サイズはもちろんジャストで、広がりやすいデザインはウエストマークをしたり、パンツをプラスしてIラインを強調したりするのもおすすめです。

素材はハリと高級感があるものがよいでしょう。

大きな柄やコントラストの強いストライプもお似合いです。

メリハリのある女性らしい体型がきれいに見えるでしょう。

ジャケットやアウターはショート丈を避けてください。

上半身に視線が集中し、詰まった印象になってしまいます。

ジャケットはテーラードなど襟元が広めに開いたアイテムが〇。

ノーカラーでもVネックがよいでしょう。丈は短くてもヒップが隠れるくらいのものを選びましょう。

アウターでおすすめはチェスターコート。

丈はミドル~ロングでジャストサイズのもの。

PコートやVネックのノーカラーコートもきれいに着こなせます。

素材はウールなど目が細かいもの。

モコモコの起毛素材はボリュームが出てしまうので骨格ストレートさんには難しいでしょう。

ダウンジャケットはボリュームが出にくいシルエットを。

ダウンパック(ダウンを詰める袋)のポコポコ感が目立たないこともポイントです。

引用:SHOPLIST

骨格ストレートさんおススメ通販【SHOPLIST】

【商品名:Louere ハイウエストタックパンツ】

引用:SHOPLIST

SHOPLIST(ショップリスト)」は、レディース・メンズ・キッズファッションの通販サイトです。

このサイトは、ファッションアイテムのほかにも、ウィッグ、コスメ、美容家電、寝具、日用品、文具など、多岐にわたる商品を取り揃えています。

SHOPLISTは年間で「167万人」の利用者があり、「393万件」もの商品が出荷され、さらに「1,000ブランド」以上が出店しています。

この豊富な品揃えだけでなく、セールやクーポンが充実しており、お得なショッピングができるとの声が多く寄せられています。

さまざまなイベントや企画も満載で、こまめにチェックすることで、お気に入りのアイテムをお得に手に入れるチャンスが広がっています。

SHOPLISTではおおむね以下のような価格帯となっています(季節などにより変動します)。

【SHOPLIST】登録から返品方法までメガセール時期も調査今回はSHOPLISTの登録から返品方法、そして皆さん気になるメガセール時期についてまとめました。画像つきで解説していますので一つづつ参考にして見て下さい。...
  • シャツ:2,000~8,000円
  • カットソー:1,000~9,000円
  • ワンピース:2,000~1万2,000円
  • スカート:1,000~1万円
  • パンツ:2,000~1万円

SHOPLIST

骨格ストレートはハイウエストが似合わないの?まとめ

骨格ストレートの方々にとって、ハイウエストが似合わないという課題も、新たなスタイルやアイテムの発見への第一歩となるかもしれません。

骨格ストレートさんも自分自身と向き合いながら、ファッションを通じて自分を輝かせてみてください。