OL PR

オフィスカジュアルの職場でワンピースはダメなの?基本ルールとは

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

以前よりオフィスカジュアルOKな会社が増えてきたとはいえ、ビジネスの場にふさわしい服装選びは難しいですよね。

「オフィスカジュアルの職場でワンピースってダメ?」と、どこまで自由にしてよいのか迷ってしまう女性も多いかもしれません。

そこで今回は、オフィスカジュアルの基本ルールについて徹底解説!

オフィスカジュアルのポイントや、NGコーデを知りたい方は必見の内容です。

また、オフィスで浮かないおすすめ仕事服についても紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

オフィスカジュアルに明確な定義はありません。

会社や職種によって線引きは曖昧です。人それぞれ捉え方が変わるため、「結局何を着ていけばいいの?」と悩んでしまいますよね。

そこでまずは、オフィスカジュアルの基本ルールについて分かりやすく解説いたします。

オフィスカジュアルでは、自分好みの洋服選びができる一方、職場で浮かない程度の清潔感が求められます。

たくさんの人に接するビジネスシーンでは、誰が見ても不快感のない服装がベストです。

基本的には、トップスはシャツやブラウス、ボトムスはスラックスや膝下丈のスカートを選びましょう。

仕上げにジャケットを羽織ると、きちんと感が出ておすすめです。

【商品番号:ks2303-014974】

引用:「pierrot」バックボタンボリュームスリーブブラウス

清潔感が大事とはいっても、毎日スーツでピシッと決める必要はありません。

ハイゲージニットのカーディガンやシフォン系ブラウスなど、デイリーコーデにも使えるアイテムを取り入れて、親しみやすさも演出しましょう。

崩しすぎない程度のカジュアル感が、取引先やお客様からも接しやすい雰囲気をつくります。 

【商品番号:b2307-012762】

引用:「pierrot」ケーブルニットカーディガン

オフィスカジュアルでは、ベーシックカラーである黒や白、グレーやネイビーといった落ち着いた色であれば間違いありません。

定番色同士であれば、組み合わせを考えるのも難しくなく、朝のスタイリング時間の時短にも繋がりますね。

【商品番号:n2308-011254】

引用:「pierrot」ペアスキンベロアバックスリットトップス

オフィスカジュアルで好感を持たれるためには、「NGルール」を知っておくことが重要です。

ここからは、オフィスカジュアルでは避けるべき服装について解説します。

「オフィスカジュアルにワンピースはだめ?」と思ったことありませんか?

オフィスカジュアルにワンピースがOKかどうかは、会社によって判断が分かれます。

ワンピースの中でも、丈が短かすぎるものや派手な装飾がついたものは職場には向いていません。

しかし、きちんと感を押さえたワンピースであれば選べば、オフィスカジュアルになじむことは多いです。

曖昧な部分は、信頼できる会社の上司や先輩に直接聞いてみるのもよいですね。

オフィスカジュアルでは、強い色や派手な柄の服は避けなければなりません。

目が奪われるようなインパクトのある服は、意識していなくても目に入ってしまい、仕事への集中を妨げるからです。

オフショルダーやミニスカートなど露出が多いものや、ボディラインを強調したアイテムも、オフィスにふさわしい落ち着き感がないため避けましょう。

デニム素材はデザインに関わらずカジュアルに見られがちであることから、特に禁止されていなくても避けたほうがベターです。

ヴィンテージ調のダメージ素材は、こなれ感はありますが、職場では失礼な印象を与えることもあるため、私服で楽しむことをおすすめします。

どれだけファッションが好きでも、仕事とプライベートの服装はきっちり分けることが大切です。

ここからは、オフィスカジュアルの着こなしのコツをお伝えします。

ビジネスシーンに適したおすすめ商品も一緒にチェックしていきましょう。

肩出しや背中の開いたデザインなど、肌を大胆に露出しているアイテムは、オフィスカジュアルコーデとしてはNG。

仕事相手が目のやり場に困るような、露出が多い服は避けましょう。

スカートの場合は、座ったときに膝が出ない丈を意識するとよいですね。

暑い時期にノースリーブを着るのであれば、カーディガンなど軽い羽織ものがあると、急な来客時にも対応できます。

【商品番号:or2307-014031】

引用:「pierrot」フリルネックピンタックブラウス

露出控えめで誠実なスタイルが完成するピンタックハイネックブラウスです。

前身頃にあしらったピンタックが上品な装いへと導きます。

一枚着としてはもちろん、ジャケットのインナーにしてもすっきり着こなせるので着回し力抜群。

オフィスで浮かないシックな雰囲気を演出したい人におすすめのトップスです。

華やかな色使いは私服では素敵ですが、オフィスカジュアルには適していません。

色があまりに派手すぎるのは心配です。眩しいネオンカラーにギラギラしたゴールドなど、きつい印象の配色は控えましょう。

対面した取引先やお客様を、落ち着かない気持ちにさせてしまうことも考えられます。

オフィスカジュアルにおすすめなのは、白や黒、ネイビーやベージュなどのベーシックカラーを土台にし、ラベンダーやライトブルーなど清潔感のあるカラーをプラスした配色です。

【商品名:ウエストタックロングシャツワンピース】

引用:「SHOPLIST」ウエストタックロングシャツワンピース

知的なネイビーで、きちんとした印象を与えてくれる1枚です。

襟付きのシャツワンピースであれば、どんな職場にも相応しい上品さが漂います。

ウエストにタックが入っているので、スタイルアップが叶うのも嬉しいポイント。

取引先のドレスコードは、実際に会ってみないとわからないものです。

自分の会社がラフなオフィスカジュアルOKでも、外部の人と打ち合わせをする際はきれいめコーデを心がけましょう。

ジャケットは一枚できちんと見えする頼れるアイテムです。

特に、オフィスから出る機会が多い外勤さんは、ジャケットを持っておくのがビジネスの常識といえます。

【商品番号:e2209-071088】

引用:「pierrot」ノーカラージャケット

シンプルで着回しやすいノーカラージャケットです。

落ち感があって滑らかなレーヨン混素材を採用しています。

ヒップにかかる丈感で、スカートでもパンツでも合わせやすいことがメリットです。

トップスの裾がジャケットからはみ出さない、絶妙な長さに仕立てられています。

お仕事シーンで役立つアイテムを揃えておけば、オフィスカジュアルで悩むことも減るはずです。

ここからは、「ワンピース・ジャケット・トップス・スカート・パンツ」のアイテム別に、おすすめオフィスカジュアル服をピックアップ。

お仕事シーンで着る洋服選びの参考にしてみてください。

オフィスカジュアルに適したワンピースは、ラフに映らないシャツ素材や、ウエストマークできちんと感を出したデザインです。

丈はスカートと同様に、ワンピースも膝が出ない長さがベター。

どこか野暮ったくて抜け感がないときには、袖をロールアップするなどアレンジを効かせるのがポイントです。

【商品番号:b2302-031737】

引用:「pierrot」異素材ドッキングボリュームスリーブワンピース

一枚で上品コーデが叶う、異素材ドッキングのワンピースです。

上半身はもっちりとした肌触りのニット素材で、お仕事中もストレスフリー。

スカート部分にはハリ感があるので、美しいシルエットをキープしてくれます。

ウエストにはギャザーが入っていて、ふんわりと広がるシルエットから優しい雰囲気が漂いますね。

【商品番号:or2304-031010】

引用:「pierrot」襟付きワンピース

クラシカルなスタイルが完成する襟付きワンピースです。

程よいハリ感のポンチ素材で、カジュアルになりすぎないところがオフィスカジュアル向き。

まるでシャツをレイヤードしているかのようなデザインで、一枚で着映え感たっぷりです。

程よくゆとりのあるサイジングですが、Iラインシルエットがすっきりと見せてくれます。

合わせる小物次第で、オフィス以外にもプライベートのお出かけまで着回しを楽しめる一枚です。

どんなオフィスコーデでも対応してくれる即戦力アイテムといえばジャケットです。

羽織るだけで一気にきちんと感が上昇します。会社のロッカーに置いておき、急な場合に備えておくのもおすすめです。

お仕事ジャケットの王道はテーラードやノーカラーのデザイン。

カラーは黒やグレー、ネイビーやブラウンなどの落ち着いた色を選ぶのが正解です。

【商品番号:e2304-071054】

引用:「pierrot」ダブルボタンテーラードジャケット

程良い厚みと落ち感のある素材が美しいダブルボタンテーラードジャケットです。

やや光沢のある質感が上品で、オフィスにふさわしいきちんとした印象に仕上がります。

ダブルブレスト仕立てやゴールドボタンが、クラシックな品格をプラス。

同素材のパンツとセットアップで着こなすのもおすすめです。

【商品番号:or2305-071104】

引用:「pierrot」ノーカラーツイードジャケット

太い糸やカラーがMIXされた糸が混ざったツイード素材のノーカラージャケットです。

モノトーンカラーですが素材に風合いがあり、装いに立体感をプラスしてくれます。

ノーカラーが上品な印象へと導き、インナーを選ばず合わせやすいジャケットです。

配色デザインがさりげないアクセントになっています。

オフィスカジュアルのトップスとしては、シャツとブラウスはマストハブ。

色は清潔感のあるホワイトをチョイスすると、周囲に安心感を与えられます。

少し遊びを加えたいのであれば、仕事のじゃまにならない程度で袖や襟にデザインがあるタイプを選ぶのも素敵です。

【商品名:形態安定 スキッパー衿 綿100% 】

引用:「SHOPLIST」形態安定 スキッパー衿 綿100%

肌に優しい天然繊維綿100%のベーシックなレギュラーシャツです。

洗濯後のアイロンがけがほぼ不要で、時短をしたい方にぴったり。

スキッパー衿にデニム風の別布を合わせたおしゃれな一枚。

綾ブルーやネイビーを取り入れてすっきりとした印象。

【商品番号:or2306-014039】

引用:「pierrot」ゴールドボタンタイブラウス

華美過ぎないきれいめスタイルを叶えるゴールドボタン付きタイブラウスです。

パーツを留めるだけで簡単にタイデザインが仕上がり、仕事中も解ける心配なく着用できます。

滑らかな肌触りで、ストレスフリーな着心地も魅力的。落ち感のある素材から、大人っぽく洗練された雰囲気が漂いますね。

オフィスカジュアルでの王道スカートは、タイトやセミフレア、ストレートのシルエット。

丈は膝の出ない長さだと安心です。肌を見せすぎるミニスカートや、リゾート感が強めなマキシ丈はNG。

露出面積が少なくても、あまりにフレアなチュールスカートは職場には甘すぎて不向きです。

ビジネスシーンにマッチする、なるべく落ち着いたデザインを選びましょう。

【商品番号:9235856】

引用:ビジネスカジュアルなら【ORIHICA(オリヒカ)】

ゆるすぎず堅すぎないのが特徴の、次世代のスーツから誕生したスカートです。

普通のスーツより楽に着られて、カジュアルコーデにも合わせられます。

2WAYストレッチ素材で、動きやすくてシワにもなりにくいことがメリットです。

さらに、ご家庭の洗濯機で簡単に洗えてお手入れも簡単。

クリーニング代の節約にもなって経済的ですね。

【商品番号:yt2309-021062】

引用:「pierrot」タックデザインフレアスカート

落ち着いた大人デザインが魅力のタックデザインフレアスカートです。

目の詰まったやや光沢のある表面感が、カジュアルになりすぎず品のある印象に。

ボックスプリーツを前後に2本ずつあしらうことで、地味見えを回避します。

オンオフ着回しが可能な優秀スカートです。

オフィスカジュアルでのパンツ選びは、テーパードやセミワイドで身体のラインが出にくいシルエットだと安心。

大切な会議や打ち合わせなど、きちんと感を求められるシーンでは、よりきちんと見えするセンタープレスやタック入りがおすすめです。

【商品番号:9235762】

引用:ビジネスカジュアルなら【ORIHICA(オリヒカ)】

ストレッチ性が豊かで動きやすくシワになりにくいクロップドパンツです。

家庭用の洗濯機で簡単に洗えるので、いつも清潔さをキープできます。

営業や商談などにも使えるシンプルな定番パンツをお探しの人におすすめです。

【商品番号:b2304-022750】

引用:「pierrot」ダンボールテーパードパンツ

きれい見えするのにストレスフリーな穿き心地が嬉しいダンボールテーパードパンツです。

ハリ感があってボディラインを拾いにくい素材を使用しています。

裾に向かって細くなるテーパードシルエットは、着痩せして見えるパンツをお探しの方に最適。

つるっとした表面感でカジュアルすぎず、お仕事シーンに適した上品さが漂います。

働く環境がますますオフィスカジュアルな雰囲気になる中、適切なオフィスカジュアルウェアを見つけることはとっても重要です。

買いに行く暇もない方におすすめなのが、オフィスカジュアルを手軽に購入できる通販です。

通販ならば、自宅やオフィスから手軽にショッピングができ、多彩なスタイルやサイズのアイテムを探すことができます。是非1度訪問してみて下さい。

【商品番号:yt2306-071059】

引用:「pierrot」ウールダブルジャケット

Pierrotは広範な年齢層に支持され、特に30代の女性たちから人気を博しています。

ブランド内には、コスパに優れた「marvelous by Pierrot」、

質と機能性を重視した「RASW」、

親子で楽しめる子供服ライン「lulpini」など、3つの異なるブランドが展開されています。

自身の好みやコンセプトに合わせて、理想的なアイテムを見つけることが可能です。

特にlulpiniでは、キッズのアイテムが動物の絵柄など子どもらしいものではなく、上品で女の子らしい可愛らしいアイテムが多く揃っています。

おしゃれ好きなお子様がいる方には非常におすすめです。Pierrotは実店舗を持っておらず、オンライン販売のみを行っています。

このため、アイテムのサイズが気になる方もいるかもしれませんが、Pierrotには「unisaize」という機能があります。

アンケートへの回答、AI写真採寸、自分が所有しているアイテムからのサイズ調査など、3つの方法で自分にぴったりのサイズを提案してくれます。

そのため、サイズの心配をせずにネットショッピングが楽しめるのもPierrotの利点です。

毎月1日はお得な「ピエロの日」で、ポイント還元など様々な特典が用意されています。

自分のスタイルに合ったブランドから、理想的なアイテムを見つけてみてください。

【Pierrot】

【商品名:フラップポケットシャツワンピース】

引用:「SHOPLIST」フラップポケットシャツワンピース

SHOPLISTは、1,000以上のブランドが充実のラインナップで揃い、多岐にわたる商品を提供する総合通販サイトです。

女性、男性、子供向けのファッションはもちろん、コスメ、バス用品、トイレタリー、インテリア雑貨など、必要なアイテムはほぼ全てSHOPLISTで見つかります。

年齢層も広範囲にわたり、様々な商品が取り揃っているため、「欲しいものが見当たらない」という心配は不要です。

MEGASALEやタイムセールなど、最大95%OFFのセールが規則的に開催され、毎日更新されるクーポンも利用できます。

デパコスやカラコンなどのコスメも最大20〜40%オフで手に入り、コスメ超メガ割も実施中です。

また、1万点以上のハイブランド(PRADAやGUCCIなど)のアウトレット商品も充実に取り揃え、常時平均70%OFFで提供しています。

サイトを頻繁にチェックすることで、よりお得にショッピングを楽しむことができます。

多彩なブランドが出店しているため、価格や品質には差が生じるかもしれません。

そのため、口コミを参考にしながら商品を選ぶことをお勧めします。

SHOPLIST

【商品番号:9235663】

引用:ビジネスカジュアルなら【ORIHICA(オリヒカ)】

ORIHICA(オリヒカ)はメンズ&レディースのビジネスカジュアルブランドです。

多様な働き方が広がる現代のニーズに合わせた商品を取り扱っております。

オリヒカは紳士服で有名なAOKI(アオキ)が作ったスーツブランドで、シンプルでスタイリッシュなデザインや、リーズナブルな価格で人気を集めています。

レディース商品などラインナップが豊富です。セレクトショップで取り扱っているようなアイテム類をお求めやすい価格で提供しています。

また、定期的に様々なセールも実施しております。

【ORIHICA(オリヒカ)】

今回は、オフィスカジュアルの基本ルールや、避けるべきポイントについてご紹介しました。

オフィスカジュアルにおいてワンピースの着用は、デザインや職場によってはOKです。

ベーシックカラーで作る清潔感のあるスタイルをベースにして、自分らしさをさりげなく取り入れながら、オフィスコーデを楽しんでいきましょう。

15000円クーポン